20代だからと安心せず恋活・婚活するべきです!

最近行きつけのバーや飲食店等で気に入った人がいたらとにかく連絡先を聞いています。行きつけのバーでしたら、互いに酒が入っているので、ほとんどの確率で教えてもらえます。時々メール等でやり取りをして、一緒に行きつけのバーに行ったりすることも出来て、気分は擬似デートです。

この時注意することは、異性ばかりに連絡先を聞かないこと。同性からも聞くことで、周囲から警戒される確率が低くなります。異性はお付き合い程度にし、異性の中から良さそうな人を積極的に誘います。一方で、飲食店等の場合は、手紙を使っております。100円均一でも売っているような小さなレターセットに連絡先と一言メッセージを書いて、会計時や料理の提供時に渡すのです。コツとしては余計な言葉を使わず、「これ後で読んでください」と一言だけ言って渡すことです。

上記のような恋活は、多少見た目が好みでは無い人にもどんどん渡します。一通でも多く手紙を渡すことが出来たら、それだけ自分のパートナーが出来る確率が上がるからです。また別の方法として、ウィンドウショッピングをしながら店員さんに声をかけて、何度か通ったら手紙を渡すというものがあります。飲食店に比べると比較的コストが安く済むのが特徴で、繰り返し行うことで話術のスキルが上がるのも魅力的です。

実際に私が手紙を渡した数は100通程になります。返事をいただけたのが9人でしたので、確率は10分の1以下です。多いか少ないかはそれぞれの判断にお任せしますが、個人的には手をこまねいているくらいなら恥を承知で行動をすべきだと思います。一応20代ですが、男性にしろ女性にしろ、やはり若いと1割~2割増しになります。若さを売りにできるうちに、素敵な相手と出会いたいと思いませんか?

現在はインターネットでの出会いも主流になりつつありますが、上記の恋活は実際に人の顔や仕草を見ることが出来ることを考えると、良くも悪くも互いに容姿がわかる点では一種の判断材料になります。何よりお金があまりかからないというのが最大の特徴ですし、出会い系のようなトラブルや月額料金も発生しないので、安心して行うことが出来ます。婚活サイト 20代女性を利用している女性も多いようですが、男性に限らず、女性も私のように「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」作戦で恋活・婚活を頑張りましょう!